忍者ブログ
面白ハプニング動画やあり得ない衝撃映像、神動画・凄い動画、テレビ・バラエティー等の動画をご紹介!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

オリンピックの「補欠解除」、どんなルールなの?

北京オリンピック・女子マラソンで、野口みずき選手が欠場となり、「補欠解除」の状態となっていた森本選手に、あらためて白羽の矢がたったものの、体調などの理由から「辞退」。結局、2人だけの出場となったのは記憶に新しい。
ここでちょっと素朴な疑問。
「オリンピック出場」に至るには、いろんな条件があるのです。「オリンピック出場」に至るには、いろんな条件があるのです。
「補欠解除」って、いつまでにしなければいけないのだろうか。そもそも「解除」はしなければいけないのか。
素人考えでは、「万が一のときに備えるのが補欠なのだから、試合開始直前まで解除しなくても良いんじゃ?」なんて気もするのだけど……。財団法人日本陸上競技連盟に聞いてみた。


「オリンピックのルールとして、補欠選手の制度は全種目共通で決まっています。陸上の場合、代表として出場するには標準記録を超えているのが条件で、なかでもA記録とB記録の二つがあるんです」
たとえば、男子100メートルの場合、A記録が10秒21、B記録は10秒28と決まっていて、Aを突破した人が複数名いる場合、3名までが出場できる。また、Aは突破できないもののBは突破した人がいる場合、1名が出場できるのだという。
つまり、Aを突破した人が4人いた場合、全員登録できるものの、うち1名が「補欠登録」となる。この「登録期間」は大会毎に決められ、今回の場合は7月23日だったのだそうだ。

「これらは世界共通ですが、さらに、日本が選手を派遣する上でのローカルルールもあるんです」
これはJOCが決めていることだそうで、陸上の場合、選手団全体で「40名まで」という上限が決められているのだとか。人数の「上限」は、設ける国、設けない国が存在し、また、競技によっても違い、たとえば、水泳は上限がないのだと言う。
「つまり、陸上の場合は、全体で100名がA標準記録を突破したとしても、その中から40名しか出場できません。ちなみに、今回の場合、『補欠選手登録』は、マラソン選手だけだったんですよ」

では、なぜマラソン以外で補欠をつくらないのか。
「マラソンは冬で終わってしまうので、3月に男女3名ずつ代表を決め、男女1名ずつ補欠登録しました。本番まで半年くらいあるなかで、代表選手に何かあった場合に対応できるためです」
一方、他の種目は、6月末にすべて選考が終わり、本番までそれほど期間がないため、補欠は決めていないのだとか。

いよいよ本題。「補欠解除」はいつまでに行われるのか。
「7月23日に登録されたときに、マラソンの場合、4名まで登録できますが、3名までしか出場できないので、結局、ムダになってしまう。本来なら、1日前まで引っ張れるのですが、40名という登録枠が決まっているだけに、マラソンで4名登録してしまうと、他の種目で出場できる枠が減ってしまうんです。そこで、23日に登録した時点で『解除』としています」
補欠をエントリーしたところで、現地に行く費用的な問題は当然あるわけだが、それ以前に、「40名」という枠の問題があるため、これまでも補欠が現地まで行ったことはないのだそうだ。

今回の女子マラソンで、「せっかくの1つの貴重な枠がムダになった」という声は多い。私自身、強く感じていたことだが、国ごと、競技ごとのルール、人数の上限など、様々な問題があったのでした。
情報ソースhttp://www.excite.co.jp/News/bit/E1219882749886.html
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新記事
リンク
最新CM
[11/19 おおおおおおおおおぉぉぉぉ]
[11/19 おおおおおおお]
[11/19 あほ]
[11/19 しね]
[11/19 ばーか]
アクセス解析
ブログ内検索
他サイト更新情報
バーコード

Copyright © [ 面白・衝撃・バラエティー動画 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]